三島のうなぎ「桜屋」さんに行って来ました

7_1

三島にうなぎやさんが多いと聞き、一番人気の「桜屋」さんに行って来ました。

三島はうなぎが美味しいらしい

「うなぎグルメガイド ざ・うなぎ横町」のサイトによると…

三島市は古くから水の都と呼ばれ、市内各地で富士山の雪解け水が湧き出しています。市内のうなぎ屋では、この湧水にうなぎを2~3日打たせ、うなぎ特有の臭みや余分な脂を落とします。これが三島うなぎのおいしさの秘密で、関東圏を中心にグルメの間では有名です。

とのこと。桜屋さんのすぐ脇にも水が流れています。これが、うなぎの美味しさのひみつだったのですね。

三島にはうなぎやさんが多い

車で走っていても歩きまわってみても
↓こんな感じで、うなぎやさんがとても多いです。


大きな地図で見る

そんな中でも特に桜屋さんの前は大行列で警備員さんも出ていました。その方が行列を仕切っていて名前を読んでくれたり、だいたいの待ち時間を教えてくれたりします。

待つ…そして呼ばれる。中は意外と広い

名前を書いておけばその場を少し離れても大丈夫です。待ち時間は、周りを観光したり、お店の脇のベンチに座ったりできます。待つスペースは川っぺりで風情があります。

30分待ちと言われまわりを散歩して戻ったところとっくに呼ばれていたようで、その後すぐに入りました。中に入ると思ったよりずっと広く早く呼ばれたのも納得です。

うなぎらしいうなぎ

頼んでから10分ソコソコ、意外と早くうなぎがやってきました。

うなぎの素材そのものの味を生かした上品なお味のうなぎでした。

「うな重」と「うな丼」は値段が同じ…違いは入れ物だけ?だったようです。

7_2

ごちそうさまでしたー。

次は三島の違うお店にもチャレンジしてみたいです。

散歩した三島の街が、そこら中に湧き水の川が流れていて、雰囲気がとても素敵だったので、また訪れたいと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村