高校レベルの英文法学習、はじめにフォレスト

総合英語Forest 6th edition高校レベルの英文法として、はじめに「総合英語Forest 6th edition」を通読しました。

Forestに行き着くまで紆余曲折…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中学の英文法と同じように、問題集をやってみようとまず1冊、これを購入。↓

む、むずかしすぎる…1ページ目からもうわからない。挫折。

本屋で30分以上悩んだのは何だったのか。

次、もう少し解説がやさしそうな1冊を買ってみる。これならできそう?↓

しかし、やっぱり、むずかしい…
同じシリーズの本でもレベルを1つ落とすと中学レベルだから簡単すぎる。

これも、本屋で30分以上悩んだというのに。自分、ダメすぎる。

将来、これができるようになる日のために取っておこう。

高校の授業を聞いていなかっただけあって、「自動詞」「他動詞」さえわからない。
これ言うと必ず驚かれるけど「S」「V」「O」とかさえやった記憶もない。
日本人は英文法はできるとか何とか言うのは私にはどうやら当てはまらない。

…そういえば、中学レベルの文法も、瞬間英作文をやって文法の知識や感覚を定着させてから問題集に取りかかったんだっけ。でも、瞬間英作文はまだ中学レベルを続けたいし、どうしようか。

そこで登場、定番のフォレスト

有名だけど、難しすぎるに違いない。ものすごく分厚いし。

と思って避けてきたフォレストですが、いざ、問題集でさっぱり分からなかった部分をフォレストでみてみると、すごく分かりやすい。問題集のカンタン解説じゃ分からないような人にもきちんとていねいに説明してくれています。

3ステップの解説

1つの単元が、3つのステップで説明されています。

下はムツカシイと私が感じる単元の1つ、完了形のところ。

Part1「これが基本」では、絵入りで完了形って何?どういうときに使うの?っていうところから。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Part2の「理解する」では、実際の英文を用いて基本を説明。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Part3の「深く知る」では、もっと詳しい例文と解説。Part3でも説明が詳しくて、挿絵もあるし、そんなに難しいという感じがしないのがすごいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

厚い!

本文620ページ位。厚いです。でも、上のように絵も多いし詳しく丁寧に書いてあるから厚くなってしまっているだけです。

読み始めれば結構おもしろい!

けど、ねむい…。

1日10ページ読めば2ヶ月ちょっとで終了です。たった10ページ、一気に読めばあっという間!

だけど、やっぱねむい…。

私は、ねむくなったり、時には途中で寝たりしながら、今年3月はじめ頃から2ヶ月半かかって読みきりました。まだ頭に入っていない部分ばかりですが、読むのと読まないのじゃ大違いです。

文法は今ちょっとおやすみしていまして、瞬間英作文の緑本が終了次第、早くフォレストの音トレをやりたいと思っています。その後、上のムダに買ってしまった問題集たちですね。何ヶ月後になるのかなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村