英検準2級過去問集選びと過去問2回め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

英検準2級の申込から1ヶ月、テストの2週間前に過去問2回めにトライしてみました。それから、2次対策用に過去問集も買ってみました。

過去問は公式サイトで

26_1
過去問は公式サイトで受けることができます。パソコンを開くだけでリスニングも受けられるので大変便利ですね。過去3回の試験をためすことができます。

過去問の結果

その1ヶ月前に受けた時と同じく、やはり手応えは感じないまま、よく分からないけど消去法でこれかも?を繰り返し…なんと、一次試験のリーディング・リスニング共に9割程度の正解でした!

逆に言えばイジワルな選択肢は、ほぼ無いと感じました。問題の意味が曖昧なままでも、選択肢を見ると、あぁこれだろう…って分かるような感じです。

9割正解ということは、2回めの過去問ということも手伝ってかこの1ヶ月で正答率1割程度UPです。合格は6.5割位なので余裕があります。合格が見えてきた感じがしてホッとしました。

ここまでの勉強

毎日、音読の「みるみる」と瞬間英作文の「どんどん」を合わせて30~40分位、2ヶ月ほど経ったところでした。
みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

2次試験の面接対策が必要な場合は過去問集を

1次試験の合格が見えてきてホッとしたところで次に気になったのは2次対策。
公式サイトでは、2次対策の過去問は1回分と「英検バーチャル二次試験」しかありません。「英検バーチャル二次試験」を見ておくのは必須ですが、私のように普段英会話をしない者にとっては過去問集をやって対策をしておく必要があります。

過去問集選び

人気があるのは、旺文社のものです。ただ、旺文社に限らず、CDが別売りだったり、CDが付いていても試験掲載回数が少なかったりするものも多かったです。


私は、6回分載っていてCDも付属のものを選びました。不合格の不安を打ち消すには勉強あるのみ。

準二級の参考書は

子どもが持っていた対策参考書をチラッと見たら激しく自信を失いました(-_-;)半分もわかりません。過去問集に載っている「準二級でよく出るイディオム・口語表現」というのもやってみましたが、やはり半分もわかりません(-_-;)

でも、過去問をやってみた結果からして、これらはあまり気にしなくて良いように思いました。これらを覚えることとテストのできとはあまり関連がなさそうです。普段通り、音読・瞬間英作文を地道に続けることで充分テスト対策にもなりますし、このことが大切なのだと感じました。

つまり、英検準二級を受けるのには、過去問を確認するだけでOK、対策参考書の類は特に必要ない。いつもの勉強を継続しましょうということです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村